パターン2

ポートフォリオにTechpit Marketを活用したうっちーさんは、いかにして副業を勝ち取ったのか

こんにちは、テックピットの松浦と申します。
去年の10月にTechpit Marketをリリースしたばかりの弊社ですが、「教材を通して作成したサービスをポートフォリオに、副業を獲得した」というユーザーさんからの報告を、なんとTwitter経由でいただきました!!

今回は、そんな嬉しい報告をしてくださった、うっちー(@_MasUchida )さんのサクセスインタビューをお届け致します。

フリーランスのポートフォリオのひとつとして、十分に堪え得ることが証明されたTechpit Marketの教材。どのように学習し、受講後の案件獲得に結びつけたのか。受講者のうっちーさんに、その成功例を伺いました。

うっちーさんプロフィール

大学時代は法学を専攻。卒業後は、不動産企業にて勤務し、現在の職場に転職してからは営業職に従事している。独学でプログラミングを学ぶ中、ちょうど半年が経過した頃に、Techpit Marketに出会う。Laravelの教材を学習後、副業として開発業務の受注を開始する。

「エンジニアとのコミュニケーションのために」 プログラミングの楽しさに目覚める

ーうっちーさん(以下、うっちー)は、どうしてプログラミングを学び始めたんですか?

うっちー 自分は法学部を卒業した後、不動産での営業職を経て、今の会社でも営業職に就いています。会社でSES(System Engineering Service)を提供しているので、エンジニアさんと話す機会が多いんですよ。それで、エンジニアさんとのコミュニケーションに役立てばいいなと思って、プログラミングを勉強し始めたのが最初のきっかけです。

ーエンジニアに転身しようと思ったきっかけは何ですか?

うっちー いざプログラミングの勉強を始めてみて、「めちゃくちゃ楽しいな」と気付いてしまったのが大きな理由ですね。自分は体育会気質なので、楽しいなと感じたプログラミングにはとことん入れ込んでしまい、気づいたら寝食を忘れるほどにやり込んでました(笑)。これはもう、エンジニア職にかけてもいいかな、と素直に感じましたね。

ーTechpit Marketでは「Laravelでtrello風todoタスク管理アプリを作成しよう!」の教材で学習されたそうですが、いかがでしたか?

うっちー ひとつの目的(サービスの設計)に向かって教材の内容が体系化されているので、実践的だなと感じました。特に、文法を転換する知識に関して学べたことは大きいですね。教材の難易度としては、ちょうど良かったのかなと思います。それまでに色々と勉強していたこともありますが、自分がやったLaravelの教材はすごく丁寧に書いてあったので、それこそ今まで触ったことがない初心者の方でもできるんじゃないかなと。

ーTechpit Marketでどのように学習されたのか、教えていただけますか?

うっちー まずは、Laravelの教材を通してサービス (Trello風todoタスク管理アプリ) を一通り完成させました。教材に書いてあるコードを自分でタイプして模写し、「これどういう処理?」と思ったらすぐに検索して、意味を理解しながら進めるように意識していましたね。教材通りのものができたところで、自分が作った既存のコードをもとに、また新しい機能を追加していきました。

ーTechpit Market 受講前は、どういったプログラミング学習をされていたんですか?

うっちー Progateやドットインストール、Udemyなどを主に利用していました。Techpit Marketに出会うまで、だいたい半年ぐらいやっていたと思います。なので、基本的な土台を築けている人であれば、Techpit Marketの教材にはすぐに取り組めると思います。

Techpit Market の教材で学習後、すぐにフリーランスに登録。開発業務の副業をスタート

ーLaravelの教材を完成された後、それをポートフォリオにして副業を獲得されたとのことですが?

うっちー そうなんです。経緯としては、現在の副業案件獲得の3カ月ほど前から、ランサーズに登録してライティング業務を受けていたんですよね。ただ、単価が飲み代ぐらいにしかならなかったんです(笑)。なので、プログラミングの仕事が取れたらいいなと思い、手始めにHTMLやCSSを使ったホームページの改修案件を受けました。そうした中で、もともとLaravelを勉強していたのもあり、「次はLaravelなどの仕事に移りたい」と思い、行動を起こしました。ちょうど、Techpit Marketの教材でサービスを作ったので、「webアプリを作りました!」って大々的にプロフィールに記載しました(笑)。多少ドヤリすぎてる感はあるんですが、なんとそれが功を奏したのか、2~3日後に早速依頼の連絡が来たんです。

ーそれは驚きですね(笑)

うっちー 最初は正直びびりましたね(笑)。案件の詳細を聞いてみると、ちょっと自分にはレベルが高いなと思ったんです。けど、「この機会を逃がす手はないな」と率直に感じました。なぜなら「自分の実力よりも高いレベルだと思う案件に挑戦した方が、より成長できるのでは?」と思ったからです。先方とコンタクトを取った際に、Laravelの教材で作ったものを載せたGitHubのリンクを渡しましたが、もちろん、実務経験がないことや、自分のレベル感などは正直にお伝えしました。すると、「こちらが色々と教えつつ、仕事をやってもらうので大丈夫ですよ」というお返事をいただきました。一通り自分で動くものを作ったことが評価されたようですね。それで今に至る感じですね。

現在の年収越えを視野に。開発のできるマネージャーというキャリアを目指して

ー現在は実際にその案件で働いていらっしゃる感じですか?

うっちー 副業でやっています。2カ月目に入りました。

ー本業の仕事をして夜帰った後に開発をされてるんですか?

うっちー そうですね。本業やってるか、副業やってるか、食事して寝てるかみたいなレベルの生活をしてます(笑)。副業の量自体は先方で調整してもらえるんですけど、いかんせんまだ私がレベル的に追い付いてないので、いろいろと調べながらやっている感じです。けど、その分成長のスピードは格段に早くて、そこは先方も関心してくれてます。

ー今後は、どういったキャリア形成を考えていらっしゃいますか?

うっちー 転職自体は考えてはいるんですけど、収入面を考えるとまだそのタイミングではないかなと。もし転職するにしても、今みたいに営業のスキルを活かした仕事に就きつつ、副業を継続する形をもうしばらく続けると思います。向こう1年ぐらいを目途に、少なくとも現在の年収を維持できる、むしろ突破するぐらいのレベルになったらエンジニアとして出ていこうかなと思っていますね。

ー営業とプログラミングの両軸を持っていたら、キャリアとして強そうですね。

うっちー 自分の最終的なキャリアも、そんな感じで考えていまして。営業のスキルをかけ合わせて、「開発ができるマネージャー」みたいなところを目指していきたいなと思いますね。企業の中ではもちろん、フリーでも事業立ち上げ等を自分で行えるようになりたいです。

ー最後に、Techpit Marketの教材を通して活動の幅を広げてみたいという方に向けて、メッセージをお願いします!

うっちー 教材はとても丁寧ですし、質問もできるようになっているので、初心者の方でも安心して取り組めると思います。だからこそ、自分の理想としている状態をイメージし続けることが大事かなと。その理想像の実現に向けて、ひたむきに行動し続けていく。Techpit Marketさんの教材を購入してみることも、ひとつの行動だと思います。そして、行動しながら学習を続けていく。この継続が、きっと学習者の「今」も「未来」も変えていくと信じてます!

ーうっちーさん、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
サービスを作りながらプログラミングが学べるプログラミング学習教材のマーケットプレイス「Techpit」の公式noteです! サービスページ▶︎https://www.techpit.jp/ 執筆者登録ページ▶︎https://bit.ly/36DttX2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。